名刺交換の後に必ずやっておきたい、リピート対策に有効な3つの『手紙』

『名刺交換の後に必ずやっておきたい、リピート対策に有効な3つの”手紙”』

前回、名刺交換することは、お店の診断に役立つというお話をしました。

リピート対策のためだけではなく、店長のレベルや、お店全体の商品力やサービス力など、自分のお店が、どのレベルにあるのかがわかります。
そして名刺の数によって、店長の実力もよくわかります。

名刺をたくさん集められる店長と、集められない店長では、その後の売上に大きな差がでます。
経営者が店に行かなくても、店長の実力がわかるのです。

名刺を集めるのはあくまでも第一段階で、集めるだけでは宝の持ち腐れです。
集めた名刺をどのように利用すればリピートに繋がるかをお話します。

集めた名刺に手紙を書くことが正解です……が、どのような手紙を書くかが重要です。

私の所にも手紙が送られてきたりしますが、よくあるのは、ありきたりの挨拶にクーポン付きです。
これでは、手紙をもらったお客様の心を動かして、次回も行こうという気持ちにはなりません。
みんなに送っているのがバレバレで、即、ゴミ箱行きでしょう。

重要なのは、お客様の心の感情に訴えかけることです。

魔法の手紙を書くことです。

ポイントは、店の「価値観」「心の感情」をどれだけ、手紙に書けるかです。

私が勧めているのは、3つの手紙を送ることです。

3つの手紙とは

●「感謝手紙」

●「評価手紙」

●「割引手紙」

上の3つの手紙を、3回に分けて送ります。

「感謝手紙」は3日以内。

「評価手紙」は3週間以内。

「割引手紙」は3ヶ月以内。

なぜ、このタイミングなのか?

人間の脳は3の付くタイミングで物事を忘れるようにできてるからです。

リピートしてもらえない一番の理由は、『忘れられていること』です。

街には飲食店が溢れています。
お客様が外食しようと思ったとき、一番最初に思い浮かべるのは行ったことのある飲食店です。
その時に思い出してもらえるかどうかが重要になってきます。

では、どうすれば思い出してもらえるようになるのでしょう?

次回はその方法について、詳しくお話していきます。

The following two tabs change content below.
外食虎塾事務局

外食虎塾事務局

外食虎塾 事務局です。講義、セミナーの内容を更新していきます。【募集中セミナー】株式上場セミナー入門編

記事を気に入ったらシェアをしてね