天国と地獄!?12月から一転し、売り上げが低迷する1月、2月…安定した利益を出す秘訣は名刺にあった!!

『天国と地獄!?12月から一転し、売り上げが低迷する1月、2月…安定した利益を出す秘訣は名刺にあった!!』

昨年の12月は、私のコンサル先はほとんどの企業が、過去最高の利益を叩き出しました。

売上が過去最高だったり、売上が予算に達してない店舗は、FLなどの経費を抑えることによって予算利益を達成しました。

問題はこの1月と2月です。
飲食店にとっては非常に頭が痛い月です。

コンサル先には去年から、「1月と2月は地獄が待ってる」という話を再三話し、対策についても話し合ってきました。
年が明け、対策を中途半端にやってきた店はやはり厳しい数字になってます。

12月が天国のような数字なので、1月が厳しい店舗は私のタイトルのように「天国と地獄」ですね。 

1年で一番繁盛する12月に、お客様をガッチリとつかんでいる店は1、2月も安泰です。
しかし、12月が忙しい為にお客様に対する気を使えなくて、ただ店を廻すだけで、次回の来店につながるアプローチが出来てない店は大苦戦してます。

私が昨年からリピート対策で一番力を入れていることは、お客様の名刺を頂くことです。

リピート対策の第一歩は、お客様と名刺交換をして、名刺の数を確保する事です。
店長やスタッフがお客様と名刺交換した名刺の数が、リピーターのバロメーターなのです。

交換をすることが第一歩。

なぜ、名刺交換がリピートに大事なことかというと、知り合いだったり、顔なじみでない限り、いきなり名刺交換を頼んでも名刺は頂けません。
「次回、またこの店を使おうな……」とか、「いい店だから顔なじみになりたいな……」とか、また来店しようとする意識のあるお客様は、名刺交換してくれます。
でも、嫌な思いをしたり、料理、サービスが良くなくて、「2度と来ない!」と思ったお客様は、名刺をもっていても、名刺はくれません。

なぜなら、私がそうだからです(笑)

どうしたら自然な流れで名刺を交換してくれるのか。
次回はそれについて詳しくお話していきます。

The following two tabs change content below.
外食虎塾事務局

外食虎塾事務局

外食虎塾 事務局です。講義、セミナーの内容を更新していきます。【募集中セミナー】株式上場セミナー入門編

記事を気に入ったらシェアをしてね